001

秋の田の 仮庵の庵の 苫をあらみ
わが衣手は 露にぬれつつ

あきのたの かりほのいほのとまをあらみ
わがころもでは つゆにぬれつつ

天智天皇