「自己プロデュース力」島田 紳助

【 今日の一句 】
どの試合 出れば勝てるか 見極める

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)

島田 紳助 ワニブックス 2009-09-01
売り上げランキング : 15192

by ヨメレバ

【 感想 】

この本は島田紳助さんがヨシモトの養成所NSCで話した講演を、一部文章化したものです。普通の本より字数は少ないけれど、「内容は濃い!」と思いました。

・ 自分が負ける分野では試合はしない、

・ 過去のデータを研究してそれを元に戦略を立てる、

・ 全部に詳しくなる必要はない、一点突破でいく、など。

お笑いや漫才の話だったけれど、ビジネスとかなり共通する部分が多くて面白かったです。

―――――――――――――――――――

紳助・竜介もたまたま売れたわけではなくて、彼の戦略の元で世に出てきたよう。

阪神巨人は正統派漫才、さんまは華のある天性の明るさ、どっちも勝てない、なら自分たちはこの道を、という感じ。

―――――――――――――――――――

前作の「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学」を読んだ時に、人に任せたり巻き込んだりして、ビジネスを手掛けるやり方が、まさにロバートキヨサキの言うB(ビジネスオーナー)のタイプの人だ!と思ってちょっとびっくりしました。

でも本人は年に一冊も本を読まないらしい(それもびっくり!)
だから無意識で無自覚にそうなってるんだー。すごいな。

人が一生懸命意識してやることを、無意識でしているのが
その人の強みや才能だと聞いたことがあります。

当然他の人もできるもんだと思っていて「え?他の人は違うの?」
というようなたぐいのもの。

そうなると紳助さんには経営者として天賦の才能があるんだなあーと思います。

―――――――――――――――――――

あと、紳助さんは例え話がうまいな〜といつも思います。「地方のキャバクラに行ったとき『つまった内野ゴロ』みたいな女の子出てきてなあ」とか(笑)

絶妙な例えができる人って頭の回転が速いんだろうなあ。
それをセンスと呼ぶのかしら。

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)

島田 紳助 ワニブックス 2009-09-01
売り上げランキング : 16927

by ヨメレバ

―――――――

この↓前作も面白かったです^^

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 (幻冬舎新書)

島田 紳助 幻冬舎 2007-05
売り上げランキング : 42281

by ヨメレバ