「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」本田 直之

【 今日の一句 】
変えられる ものにフォーカス するとラク

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

本田 直之 大和書房 2009-01-15
売り上げランキング : 89101

by ヨメレバ

【 感想 】
まさにグータラな私のための本^^;ためになったし実行しようと思うものもあった。

レバレッジシリーズのこの著者はすごく頭がキレる人だと思う。考え方には共感できるところが多い♪

特に「事実や他人を変えるのはムリ。そんな労力は面倒だからやめよう」はナルホドと思った。

人間関係で衝突するのは他人を変えようとするからなのかしら。とふと思ったり。

がんこな自分に難しそうなのが「素直になる」。「貢献する」のあたり・・。ああ・・今後なるべく努力いたします・・はい。

―――――――――――――――――――

【 内容 】

○ 変えられない「事実」に執着しない

「事実」を変えることはできないが、「解釈」「思考」「行動」は変えられる。

渋滞→「変えられない事実」に執着→イライラストレス1時間
渋滞→「変えられる思考・行動」に執着→「ちょうどいい。本を読もう」有意義な1時間

―――――――――――――――――――

○ 素直になる

自分の能力を過信して素直さを忘れると必ず頭打ちになりそれ以上伸びない。

他者の意見・アドバイスを受け入れる。自分の勘、経験、わずかな知識に頼るだけは遠まわり。

―――――――――――――――――――

○ 見返りを期待しない

「自分が相手に対して何ができるのか」コントリビューション(貢献)の精神を持つ(≠ ギブアンドテイク、ギブアンドギブ)

上から目線で「与える」のではなく同じ目線で「貢献」する。見返りを求めないのは相手のためであると同時に自分のため。

―――――――――――――――――――

○ 時間を大切に

貯められない、増やせない。
○「時間を節約するためにお金をかける」
×「お金を節約するために時間をかける」

―――――――――――――――――――

○ 朝5分に一番力をそそぐ
その日の予定を考える

―――――――――――――――――――

○ やらないことを決める

自分の価値観にそぐわないものをピックアップし定期的にチェック。
(愚痴をこぼす、サービス残業など)

―――――――――――――――――――

マイメモ:
・ぐち(言っても変わらないことに時間使いたくない。もやっもやっとするだけ。)
・かげ口(言いたいことは本人に言う)

―――――――――――――――――――

何がやりたいか分からないことも多い。自分が知らないだけで世の中にはもっと面白いことがある。

現実ベースのやりたいことを挙げてもこじんまりとした目標になりがちで
長期目標設定は難しい。

一方やりたくないことははっきりしている。

―――――――――――――――――――

○ 相手を変えようとしない

他者の間違った考えや性格を変えてあげたい。→それはムダ!絶対にできない!
人は誰しも「変えてもらおう」と思ってない。

「変わろう」と思って向上心のある人だけがアドバイスを求めている。

もし自分のアドバイスで他人が変わったら、あなたのおかげではなくその人が「自発的に変わった」だけ。

―――――――――――――――――――

○ 事前自己紹介を作っておく

本やWEBに自分が何をしているかあらかじめ載せておく。今後日本でも複数の仕事を持つことが当たり前の時代が来る。

―――――――――――――――――――

○ 英語を身につける

英語の時代が来る。パソコン同様「できたらカッコイイ」から「できないと話にならない」へ。10年後のために今英語のスキルを身につけよう。

 

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

本田 直之 大和書房 2009-01-15
売り上げランキング : 89101

by ヨメレバ