「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」マーカス バッキンガム

【 今日の一句 】

自分にも こんなにいいとこ あるじゃない^^

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

マーカス バッキンガム,ドナルド・O. クリフトン 日本経済新聞出版社 2001-12-01
売り上げランキング : 197

by ヨメレバ

【 内容 】

本のカバーにIDがのっていて、強みが分かる「ストレングスファインダー」テストが1回だけ受けられます。34ある強みのうち、自分の5つの強みが分かります。

【 感想 】

「自分の弱点ではなく強みに注目して、伸ばしていこう」という考えがとても共感できてよかったです。

ここで使っている「才能」という言葉は、一般的にいう「他の人よりすぐれている部分」という意味の「才能」というより、もう無意識に備わっていて、ずっと変わることのないその人自身の「個性」「特性」という感じでした。

人をほめる言葉が少ないというのはいい着眼点だなあと思いました。

「神経質」も裏を返せばきっちり細かいところにまで目が届くということですが、それを一言で表す「いい意味」の言葉がない、ということ。

特に日本ではだめなところを平均まで持っていく、という考えが強いかなと思います。

学校でも会社でも。×に注目してそれをなんとか△に持っていくよう時間をかける。
それより○を◎に持っていく、という考えはいいと思いました。

その方がやってて楽しいと思う^^。

人間というのは「認められたい」という欲求があるとか。

ちなみに私の強みは「内省」「目標志向」「達成感」「着想」「ポジティブ」
どれも思い当たるフシがあり、当たってる!とうなってしまいました。

(「天に与えられた落ち着きのなさ」というフレーズが特に笑ってしまった。

何にでも興味を持って手を出してはやめて・・と繰り返していた自分のそういうところをマイナスだと思っていたけど、そうかー。そういう風に自分を見てあげたらいいのか、と納得^^)

自分のことを知りたいという人や、自分で自分の好きなことが分からない、という人にかなりおすすめです!

会社の入社テストに入れると適応の違いで悩む人たちが少しはなくなると思います。人事部にもおすすめ。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

マーカス バッキンガム,ドナルド・O. クリフトン 日本経済新聞出版社 2001-12-01
売り上げランキング : 197

by ヨメレバ