「バビロンの大富豪」ジョージ・S・クレイソン

【 今日の一句 】
古代から金持ちルール変わらない

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

ジョージ・S・クレイソン グスコー出版 2008-08-08
売り上げランキング : 1457

by ヨメレバ

【 感想 】
シンプルだけど深い・・と思うところがいくつかあってさすが読み継がれている名著だと思いました。

一つの物語なのかと思っていましたが、短編集みたいな感じで、それぞれに教訓が隠されているという感じでした。

私が心に残ったいくつか紹介します。

・ 「お金を使う時はそれが例えコイン1枚であっても、100%価値があるか見直せ」

・ 「必要経費と自分の欲を混同するな」

ドキッ^^;

確かに勝手に「これは必要経費だもんね〜」と使っていることがあり、「100%そうか?100%それいる?」と言われると、「す、すいません、違います」となります。

私は喫茶店で本を読むのが好きなので、そこで一緒にお昼ご飯を食べたりよくしてたのですが、さっそく昨日は家でごはん^^;(単純)

オットも会社でコーヒーをがぶがぶ飲んでたのをちょっと控えられたそうです。そんなにほしくないのに習慣で買っていたそう。バビロンのおかげで、わが家の支出が1日抑えられた・・

―――――――――――――――――――

・ 「国を守るため強固な城壁を築け」
家族を不幸から守るため、保険、貯蓄、信頼できる投資でしっかり財産を守りなさい、

・ 「よく知らない儲け話にのるな」
軽率はだめ。慎重に。レンガ屋に宝石の儲け話を聞くな。

・ 「幸運の女神は準備できていない人を相手にしない」

・ 「幸運はチャンスのあとに来る」
幸運が来たからチャンスをつかんだのではなく、チャンスをつかめる準備をしていたからこそ、チャンスをつかめて、そしてそのあとに幸運がくる、という話

―――――――――――――――――――

あとは、

・ 支出の割合を

10%:自分に支払う、(投資に回す)
20%:借金を返す
70%:生活をまかなう

にせよ、ということですが「あまり、無理しすぎるのもよくない。貯金の割合をあげすぎないように人生を楽しみなさい」とあり、これは、おお〜っとなりました。

長い道のりだからがんばりすぎるなよ、ということですかね。

私はついつい投資や貯金の割合を、めいっぱい上げたくなっちゃうので。ギスギスしないように気をつけないといけませんね〜^^;

―――――――――――――――――――

他にも・・
・ 「小さな望みを叶え、大きな望みの実現へ。」

・ 「実際できないことは始めない。」

・ 「怠けは進歩なし。」

・ 「働く事は友達。」

・ 「仕事を敵に回さず自分から好きになる。」

どれもすべてシンプルで、投資の世界ではいわば「よく言われていること」なんですが、今回改めて見直せてよかったです。なんだか背筋が伸びた気がします^^

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

ジョージ・S・クレイソン グスコー出版 2008-08-08
売り上げランキング : 1457

by ヨメレバ