「金持ち父さんの投資ガイド 入門編」ロバート・キヨサキ

金持ち父さんの投資ガイド 入門編

金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン

ロバート キヨサキ,シャロン レクター 筑摩書房 2002-03-21
売り上げランキング : 2693

by ヨメレバ

 

1.金持ちになる道を選び、その世界を信じる

 

2.マイプランを持ち、レシピに従う

 

3.言葉と時間を大事にする

 

4.リテアップし、財務諸表で考える

 

5.間違い+学ぶ、でワンセット

 

 

レッスン1.道を選ぶ

 

レッスン2.コインの表裏を見る

 

レッスン3.得意分野を決める。

 

レッスン4.プランを持つ

 

レッスン5.言葉を増やす

 

レッスン6.単純なレシピに従う

 

レッスン7.マイビジネスを持つ

 

レッスン8.時間はお金より大事と意識する

 

レッスン9.安全・快適プランを作り金持ちプランを作る

 

レッスン10.チケットを売る側になる

 

レッスン11.テーブルのこちら側に座る

 

レッスン12.よりよい投資家になることに焦点を合わせる

 

レッスン13.ファイナンシャルリテラシーがリスクを減らす

 

レッスン14.財務諸表で考えるくせをつける

 

レッスン15.間違い+学ぶ、でワンセット

 

 

・ 90%の平均投資家になるのをやめて10%の金持ち投資家になる。

 

・ 株も不動産もビジネスへの投資。ビジネスに強くなる。

 

・ 「適格投資家」・・Eありあまるお金のみ

 

「洗練された投資家」・・E ありあまるお金+ E 教育 + E 経験

 

・ 1番大変なのは最初の100万ドル(1億円)

 

―――――――――――――――――――

 

レッスン1 道を選ぶ

洗練された投資家になる、10%に入ると決める。

「金持ちになる」を優先させる。安全、快適より。

 

 

・ ビジネスを起こしてそのビジネスを通して投資する

 

・ 投資とは自分をコントロールすること

―――――――――――――――――――

 

レッスン2.コインの表裏を見る

 

・ 今、現実がどうであれ、「お金がありすぎる世界」を信じる。

 

コインの表裏

1.お金がない

2.お金がありすぎる←こちらのプランを持っておく

 

 

今は1でも2の存在を信じて、2の世界から物事を見るようにする。

 

―――――――――――――――――――

 

レッスン3.得意分野を決める。

投資は人によって定義が違う。

全ての専門家になるのは不可能と知る。

 

―――――――――――――――――――

レッスン4.プランを持つ

投資は「プラン」。商品でも手法でもない。

旅行計画みたいなもの。

日本からハワイまで行くのに自転車で行こうとしてないか?

気を付ける。

乗り物にこだわりすぎないこと。

プランに合わせて乗り物を選ぶ。

 

 

★プランが決まれば、乗り物も自動的に決まる。

プランが乗り物を選ぶ。

 

―――――――――――――――――――

レッスン5.言葉を増やす

・ 「お金を作るのにお金が必要」という考えは最悪

 

お金を作るのに必要なのは

×  お金

〇 言葉

 

・ 大事なのは経験、学ぶのは次。

・ 特定分野の語彙を増やすこと

 

投資、ファイナンス、会計、会社法、税法など使う言葉と金銭的満足度は関係が

ある。

 

40年後、三世代に渡って資産を残せるぐらいになる。

 

・ 口に出さない「考え」「思考」が大きな力を持つ

・ 毎週1つずつ言葉を増やし、それを入れて文章を作る

 

→ サイトでやってみる。言葉、定義、例文。

 

・ 言葉(人生の大元)が

→考えを作り

→現実を作り

→人生を作る

―――――――――――――――――――

レッスン6.単純なレシピに従う

 

投資はプラン

 

プラン=方式+戦略

 

料理=レシピ+調理

 

投資とは退屈なもの。

途中で飽きるから100人のうち3人しか金持ちになれない。

 

「単調」だと覚悟しておく(幸いまだ飽きていない)

「シンプル」な方がいい。

 

この200年の方法

 

レシピ① 「ビジネスを立ち上げ、そのビジネスに資産を買わせる」

 

レシピ② 「緑の家を4つ買って、赤いホテル1つと交換する」

 

―――――――――――――――――――

・ 投資は考えないように機械的にすればするほど、少ないリスクで心配も少なく、より多くのお金を作り出すことができる。

 

・ 個人的な経験より、事実を見ること

 

〇 自分のレシピを見つけ従う

×  札束を追いかける

 

・ 敵にはすでに出会っている。それは自分自身だ。

―――――――――――――――――――

レッスン7.マイプランを持つ

 

・ マイビジネスを持つ。

・ 目標は現実的に。

・ プランは変わらず、自分が変わっていく。

 

―――――――――――――――――――

レッスン8.時間はお金より大事と意識する

 

・ 時間は貴重なもので、「値段」がついている。

 

・ 金持ちは時間を買う

 

・ 値段をお金で測る。家:3000万円

 

値段を時間で測る。

 

家:施工1か月。+大工さん、材料メーカー、設計士さん、10年の経験。

 

 

・ 時間はお金より一番大事。一番価値がある。

 

・ 「てっとり早く金持ちになりたい」←時間を投資していない←結局時間、お金、両方失う。

金持ちは「時間を投資する」

 

―――――――――――――――――――

 

レッスン9.安全・快適プランを作り金持ちプランを作る

安全・快適 : 制限の人生。

金持ち : 無限の人生。

 

・ 金銭的土台を築いてから、金持ちレベルの投資をする。

 

―――――――――――――――――――

 

レッスン10.チケットを売る側になる

 

・ 内側から投資する

 

・ フットボールのプレーヤーになるのではなく、ゲームの主催者になる。

 

チームのどちらが勝とうがチケットは売れる。

 

―――――――――――――――――――

 

レッスン11.テーブルのこちら側に座る

 

・ 貯金はインフレと税金で食いつぶされる

 

・ Iクワドランドを大事にする。自由はここから生まれる。

 

どんな仕事をしていようと「投資家」になる。

 

―――――――――――――――――――

 

レッスン12.よりよい投資家になることに焦点を合わせる

 

× 他の人と比べる。競争する。より多くのお金を儲けようとする。

 

〇 よりよい投資家になることに焦点を合わせる。

経験、教育を積む。

 

それ以外は意味がなく、危険。

 

―――――――――――――――――――

 

7つのルール

 

①どの収入のために働いているか自覚する

 

②「勤労所得を不労所得、ポートフォリオ所得に変えていく。」

→ 結局投資とはこれだけ

 

③勤労所得の安全を確保する。

 

④「投資家自身」「人」が資産になる。

 

車は一流でもドライバーが素人なら誰も賭けない。

投資や取引は良くても、投資家がよくなければ結局はダメ。

 

 

⑤準備する

× 何が起こるか予想する。

→ ドルは何円になる。明日は雨だ。

 

〇 何が起こっても大丈夫なように準備する。

→ 円安ならこうする。円高ならこうする。

雨が降った時用に傘を、晴れた時用に帽子を準備しよう。

 

 

予想 : 1度や2度は当てられても、ずーっと当て続けることは誰も絶対にできない。

 

準備 : 準備することは毎回、ずっと、誰でも、できる。

 

―――――――――――――――――――

・ 「修理屋」になる。

逆張りではなく、他の投資家も直って欲しいと思うものを直す。

 

焦点を合わせ他の人が今探しているものに敏感になる。

「準備」ができていれば取引チャンスは毎日ある。

―――――――――――――――――――

 

⑥必要なお金を手に入れる

 

取引がお金を呼び寄せる

 

―――――――――――――――――――

⑦リスクとリウォード(見返り)を評価する

× お金のために働く。仕事を見つける。

〇 チャンスを見つけることを学ぶ。

 

× 損して政府の税優遇をもらう

〇 儲けて、さらに優遇ももらう

―――――――――――――――――――

レッスン13.ファイナンシャルリテラシーがリスクを減らす

資産の欄だけを見ても、それが本当の資産かどうか分からない。

CFが大事。

それが収入になっていれば、本当の資産、

支出になっていれば、資産の顔をした負債(メッキ資産)

 

(マイ意見)
例えゼロになっても何度でも作れる力、「立ち上げ力」も資産の1つなんじゃないか。

雨風で苗が全滅しても、また種を植えて育てる農家の持つ「強靭な精神力」。「繰り返し作れる力」

 

―――――――――――――――――――

 

レッスン14.財務諸表で考えるくせをつける

 

・ いつも二つの財務諸表がある。

 

自分の負債は、誰かの資産。

自分の支出は、誰かの収入。

 

・ いつも財務諸表で考える習慣を身につける。

 

―――――――――――――――――――

 

レッスン15.間違い+学ぶ、でワンセット

 

間違いとは・・新しい何か、自分がそれまで知らなかった何かを学ぶチャンス。

 

間違いを犯している人=多くを学んでいる。

自転車に乗れると新しい世界が広がる。

 

 

金持ち父さんもビジネスで何度もお金を損した。

→ がっかりせず、満足度、賢さ、決意も、前より増した。お金も増した。

 

・ 学校での頭の良さ → まず授業

・ 世間での頭の良さ → まず間違い

→ そこから学べるかは本人次第

→ 学べて初めて「頭がいい」

 

たいていの人は避けようとするが、こちらの頭の良さの方が金持ちにしてくれる。

 

・ 経験+学び=知恵

 

× 間違いを避ける

〇 間違いをおかし、そこから知恵を得る

 

間違ったり、失敗した時、腹が立って他の人のせいにすると「知恵の宝」は相手のものになる。

 

何があっても自分で責任を取るようにする、と「知恵の宝」は自分のものになる。

 

・ 人は何かを教えあうために集まる

 

・ 【 間違う+そこから学ぶ(2点) 】でワンセット。

 

× 間違いをおかさない(0点)

 

× 間違って、そこから学ばない(1点)(同じ失敗を繰り返す)

 

―――――――――――――――――――

90対10

90:資産を買う

10:資産を作り出す

 

「アイデア」「考え方」がカギ。

たいそうな発明でなくていい。

まんが図書館など。

ゴミだったまんがを資産に変えた。

 

この「思考のプロセス」を常に鍛える。

 

 

金持ちの仕事は→「お金を作り出すこと」

 

 

自分が働かず、自分のアイデアが働く。

 

× 他の人の資産を作るお金のために働いて一生を過ごす

〇 自分の資産を作るために年月をかけて働く

 

アイデアは途方もないもの、バカバカしいものでもOK。

どのようにしたらアイデアを資産にできるか、方法を立証できるようにする。

 

 

 

金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン

ロバート キヨサキ,シャロン レクター 筑摩書房 2002-03-21
売り上げランキング : 2693

by ヨメレバ