120208 FXセミナー今井雅人氏(外為どっと)

★ 1月全体のまとめ
・ 大きなニュースはなく、ポジション調整で少し戻すとの予想がだいたい当たっていた。
・ 覆面介入 当局が工夫して色々な技を試している。買いをずっと置いていた。
・ 「FOMC 金融政策」が、今回のポイント
「思ったより早く物価上昇が鈍ってきた。」
「2013年半ばまで低金利」といっていたのに
「2014年終盤まで低金利」に伸ばした。
・ 米大統領選挙
景気が悪いと、現職が弱い。
景気が良いと、現職が強い。
景気をよくするためにホワイトハウスとFRBが景気刺激の方に
政策を寄せることはひょっとしたらあるかも?

★ 
・ 失業率・非農業者雇用者数
8.2% 下がってきている。
22万人 右肩上がりに増えている。
「雇用」は回復している。
・ 住宅着工件数
少しだけ上がっている
・ 新築・中古住宅販売件数
中古は伸びた。新築はそこそこ。悪くはない。
中古が先に売れるのでタイムラグがあるのかも。
・ 住宅価格指数(S&Pケースシラー)
・ ISM製造業、非製造業(サービス業)
景況指数(企業の経営者が感じる景気はどうか?という指標)
グっと上がっている。
・ 消費者物価指数(CPI)
景気はいいけど、物価は上がらない。
・ FRB、FOMC声明
・ NYダウ
株価が上がってきている。
「金利を上げない」というニュース。
①企業にとって、プラス。
②市場にあるマネーは、預金にいかず、株にいく。
世界の株価は連動しているので
株高・円安になりやすい。
金利は低い。ドルは弱い。ドル安。
よってドル円は動かない。
・米10年債利回り
インフレ率が鈍化している。
普通は上がるが、安定。

★ 欧州
・ ユーロ製造業PMI(景況感・景気が良くなってるか、悪くなってるか)
問題は解決していないが、最悪、パニックからは抜け出ている。
欧州危機・次のシナリオ
①ギリシャがやりなおす。1万5千人公務員減らす、と言っているがどうなるか?
②「ユーロ共同債」発行?
③ギリシャがユーロを抜ける。1つの国にとどまらないかも。
④ユーロ崩壊。これはないだろう。

★ 中国
金利を上げる→株は下がる
金利を下げた→株は上がる
・上海総合指数
新興国は伸び悩む。
アジア通貨危機、日本のバブルをよく勉強している。
バブルがはじけないようにやっている。
コントロール完全ではないが狂乱を押さえてる方。
成長率が下がったり、土地が少々下がっても
ソフトランディングできるだろう。。

★ ブラジル
レアル強くなるだろう。

★ 日本
・ 日経平均

9000円までもどした

★ 
世界中の金利が低いままだと、まだ金は強い。
株と分散していくだろうから、ゆるやかに。
世界全体が回復すると金はあまり上がらない。
今年の欧州にかかっている。
アメリカが出口戦略と言い出したら金は下がる。

★ 原油
こう着。
米→イランの金融資産を凍結する。
今後ちょっと注意。
サウジに次いで2位の産油国イラン。
日本は原油輸入10%を頼っている。
天然ガスLNGがアメリカで下がっている。半額くらい。
新しいガスシェール?が発見されたから。
でも、日本は下がってない。
各輸入業者が「原油価格に連動する」という契約をしているから。
安全志向が裏目に出てるのかも。
メタンハイドレード
将来有望。

【 通貨 】
2月は上がりも下がりもなく。。

★ ドル円
・ ドル円 IMMポジション(国際通貨先物市場)
ポジションはショート。
レンジ。76~78。
9兆円の介入、これ以上円高はないだろう。

★ ユーロ円
3/20 「ギリシャ国債の大量消化。」
この日に向けて動きが起きていくかも。
・ ユロ円 IMMポジション
ユーロはポジションまだショート。
だからもうちょっと上がるかも。

★ 豪ドル円
しばらくうろうろかな。
大きく上がりも下がりもないだろう。
RBAは、たいてい3~4カ月様子見する。
インフレターゲットは3%

★ スイスフラン円

★ ランド円
11円まではいかないでしょう。

★ Q&A
・ 中国が外国(シティバンク)にクレジットの発行を認めた。
・ 元の直接取引が広がってくるかも
今はNDF(先物連動)
・ 香港ドルはいつか元に統合されるだろう。
・ 国債暴落、預金封鎖・・まあ、起きないでしょう。。
危機をあおっている時は、危機は起きない。
・ 山本こうぞうさん 日銀叩きで有名