身近な不労所得/トラリピ人口/誰かのブログ

身近な不労所得

「不労所得」には、いろいろ種類がありますが、ビジネスや不動産というのは、最初の一歩としては、少しハードルが高いような気がします。

資金や、心構え、その他色々な面で、始めるにも、また、育てて手を離せるようになるまでも、大変なイメージがあります。。

その点、トラリピは小さな金額でもはじめられるし、スタッフを雇うこともないし、「身近な不労所得」だな~と感じます。

また、スタートしてから手を放せるようになるまでが短いし、メンテナンスがほとんどいらないところが、私は気にいっています。

やることは、少し相場を気にしておくぐらいかな。

また、毎月入ってくる安心感もありますよね。

前に店をやっていたときや、トレードをしていたときは、毎月の売上に波があって、なかなか安定しませんでした。

「今月は乗り切ったけど、来月はまたゼロから」というのが不安定で、疲れる元でした。

トラリピは、多少のバラつきはあるものの、収入がゼロということは、ほとんどない。「必ず入ってくる」という安定感が、心の平穏につながるように思います。


トラリピ人口

トラリピもあちこちで広告を見かけるようになり、トラリピされている方も増えてきたようですね~^^

それだけ広がるということは、いい商品なんだろうな、と思います。

トラリピ人口は今どれくらいかと調べたところ、M2Jの口座数が、45,489でした。(2012年7月時点)約4万人くらいですね。

ちなみにFX全体の口座数は、約442万口座、うち取引がある実績口座数は15%の、約65万口座だそうです。(2012年3月末時点)

FXの取引がある口座中、約7%がトラリピなんですね。


誰かのブログ

私はFXをはじめたのも、トラリピを知ったのも、全部ネットを通じての「顔も知らない、どなたかのブログやサイト」でした。

画面の向こうのどなたかが、情報をアップしてくれていたおかげで、たくさんのことを知ることができました。

4年前に「外貨預金でもしてみようかな?」とググッたのが始まりで、FXを知り、トラリピを知り・・。

そのたくさんの方のおかげで、今、小さくですが、「お金の流れ、キャッシュフロー」をつくることができています。

本当にありがたいことです。とても感謝しています。

ということで、私も少しでもお返しがしたいな、と思います。今度はこのブログが「誰かのブログ」になれたらうれしいな^^


今週のひとこと

母親という生き物はどうして「食べ食べ攻撃」をしかけてくるのでしょうか。毎年帰省するたび、おなかいっぱいです。

そして「持って帰れ攻撃」も忘れません。トイレットペーパーなんて近くに売ってるっつぅの^^;受け取るのも一つの親孝行なのか。。