IPO当選枚数/口座数でJR九州の「当たりやすさ指数」を検証してみました。

JR九州のIPOの結果を検証してみました。

これは私が計算したざっくりした数字なんですが・・

「IPO当選しやすさ指標(勝手に命名)」として<IPO当選枚数/口座数>で割合を出してみました。

まとめた結果・・

当選したのは、2.7%~0.5%
補欠で落選は、0.68%~0.29%
落選したのは、0.36%~0.12%

となりました。

0.5%以上あると、当選するかも。。?という感じかな。。

<当選>
・三菱モルガンスタンレー証券 2.7% 36,000枚/130万
・みずほ証券         0.56% 9,045枚/161万

<補欠⇒落選>
・野村証券       0.68% 36,000枚/529万
・マネックス証券ダンナ 0.32% 5,004枚/153万
・東海東京証券     0.29% 1,227枚/ 42万

<補欠≒ほぼ落選?>
・SMBC自分  0.44% 11,601枚/261万
・SMBCダンナ 0.44% 11,601枚/261万

<落選>
・大和証券 0.36% 13,568枚/372万
・マネックス証券 自分 0.32% 5,004枚/153万
・SBI証券 0.13% 4,271枚/325万
・岩井コスモ証券 0.12% 500枚/41万

カブドットコム証券  枚/92万

ちなみに、いつも参考にさせてもらっているKaoruさんのブログ(投資生活と私~IPO当選ウキウキ日和~)で、JR九州の皆さんの当選数の多かった順にランキングが発表されていました。

そのランキングと、この「当選しやすさ指数」を見てみると・・割と一致していました!
おー!

第1位 当選報告22件 みずほ証券  0.56% (3位)
第2位 当然報告17件 SMBC日興証券 0.44% (4位)
第3位 当選報告16件 三菱UFJモルガンスタンレー証券 2.7% (1位)
第4位 当選報告14件 カブドットコム証券 %
第5位 当選報告13件 野村證券 0.68%(2位)
第6位 当選報告11件 大和証券 0.36% (5位)
第7位 当選報告7件 マネックス証券  0.32% (6位)

 

★当選しやすさ指数

1位 三菱モルガンスタンレー証券 2.7%
2位 野村証券  0.68%
3位 みずほ証券 0.56%
4位 SMBC日興証券 0.44%
5位 大和証券 0.36%
6位 マネックス証券 0.32%

7位 東海東京証券   0.29%
8位 SBI証券 0.13%
9位 岩井コスモ証券 0.12%

 

今後のIPOの戦略の材料にできそうです^^

 

(当選枚数は「やさしいIPO株のはじめ方」から引用させていただきました。)

カテゴリーIPO