規律を守ることが目標達成へのかけはしになる。

 

「規律を守る」というスキルが、

君の夢や願望をかなえるためにはどうしても重要なのである。

 

― 億万長者製造機 ジムローン

 

 

以下、思ったこと。

 

「努力の方向性が間違ってないか確認するのが大切。」

 

 

「規律」は夢や目標をかなえたい人にとっては、とても大切なもの。

 

「規律」は「目標」と「現在」をつなぐ架け橋。

規律とは、「セルフコントロール」です。

 

時間、ルール、お金、すべてにおいて

「自分で決めて、自分で守る」ことが大切。

 

このとき、やるべき2つの行動。

 

1.ルールを作る
2.ルールを守る

 

 

この1.の「ルールを作る」が意外にむずかしい。

 

ルールがあまりに厳しいと、守らなくなる。

人間はそんなにきちんとしている生き物ではない。

 

特に、他人のルールにはしょうがなく従うとしても、自分のルールはカンタンに敗れる^^;

 

「自分のルールが守れない」、すなわち「自分との約束」をやぶるのが続くと「できなかった・・・ダメだ・・。」と自分を責めてしまう。

 

まじめな人ほどそうなる。

 

自信もなくなって「どうせ何をやっても続かない。」と自分を信頼できなくなり「どうせ自分はだめなんだ」と、自分が嫌いになる。

 

だからまずルールを作るときには、すごーーくカンタンなものに。

 

最初からあまり厳しいルールを作らずに、かんたんすぎるぐらいに。

 

このとき大切なのは「方向性

 

「目標」に向かって方向が合っている努力かどうか

きっちり橋が伸びているかを確認。

 

たとえば、「ギターが弾けるようになりたい」という目標

 

「まずはギターの知識から!」と「ギターの歴史」という分厚い参考書を、1ページ目から勉強

 

「ああ・・5ページやろうと思っていたのに、今日は3ページしかできてない。自分はダメだ・・。ギターもまだ全然弾けないし。」と落ち込んでいたら・・

 

「努力の方向性がズレてるんじゃないかな?」と。

 

「規律」という「橋」が「目標の方向」に向いていない。

方向を見ずに橋を作り出している。

 

 

どうアドバイスする?

 

「1日5分でいいからギターをさわってみたらどう?」

とか

「初心者用のレッスンを習ってみたら?」

 

目標に向けて橋をかけるようにする。

 

 

努力がズレている場合がある。

 

他人のことなら分かるのに、自分では意外に気付かない。

 

自分があまり興味のない分野だと冷静に見えるため分かるが「これをなしとげたい!」とアツイ思いを持っている分野では、意外にこういう間違いをしてしまう。

 

「まちがった努力」

 

 

 

こうならないために、、

ルールを作るときは、目標から逆算する。

 

目標を達成している自分をイメージして、その自分はどんな規律を守っているか?とイメージ。。

 

 

「このルールを守る!」と決めてしまったら、「ルールそのものがあっているか」を確認しなくなるから。。

 

「ギターの歴史本5ページでは多いんだろうか、4ページにしようか。それとも夜ではなく朝にしようか。」

 

そもそもの「ギターの歴史を読む」というルールを、正しいと疑わず突進してしまう。

 

そうならないように・・

 

その規律の先に目標にたどりつけるのか。

 

この橋をわたっていけば、目標にたどりつけるのか。

 

最初によーーくイメージすることが大切。