スポーツが違えばルールが違う。投資もしかり。

思うこと。。

投資とスポーツ。

 

スポーツが違うなら、ルールが違う。

各スポーツは、各ルールがある。

 

投資やお金を稼ぐ手段も、各手法でルールが違う。

 

たとえば18万円稼ぐのに、、

お給料というスポーツだと、1ヶ月の労働力と交換しなければいけない。きちんとまじめに働かなくてはいけない。

IPOというスポーツだと、ポチポチとPCで5分操作するだけ。

 

違うスポーツをやっているようなもの。

 

特に前のルールを引きずっていると、うまくいかない。

 

E(従業員)とI(投資家)は、ルールが違う。

 

自分への問い。

I(投資家)として上手くなりたいのに、E(従業員)向けの本を読んでないか?

 

Iのスポーツがうまくなりたいのに、Eのスポーツのルールブックを読んで習得しようとしてないか?

 

バレーボールが上手くなりたいのに、サッカーの本を読んでないか?

バレーボールが上手くなりたかったら、サッカーの本は捨てること。

 

バレーボールが上手くなりたかったら、バレーボールの本を読んで、バレーボールの練習をすること。

 

 

 

朝はバレーボールして、夜はサッカーしていたら、どちらも上手くなれない。

 

自分の上手くなりたいスポーツだけをやろう。

それ以外の本を読むのをやめよう。

 

 

 

 

 

マルチポテンシャライトという生き方。

すごーーく刺さりました。「まさに私のための本!」と思ったほど。

「1つの職業について、それを最後まで全うする。。」っていうのが一般的に良いとされていますよね。。

私もそういう価値観を持っていました。

実際そういう友達を、キャリアがブレてないからうらやましいな・・と思ったり。。

でも自分はというと、全く違う分野に1年や2年で次々に転職したり、自営になってからも、色んな事業に手を出したり、投資したり・・

キャリアが一貫せずに、人生をずっとフラフラ漂っているのが、どこかダメな事なんじゃないか・・と思っていました。

少し後ろめたいというか・・。

「何がしたいの?」って言われてしまったり、「よく分からない」とか。。

人に説明しても分かってもらえないから、もうシュンとなって、黙ってしまう感じでした。。

 

でもそんな私の性質を

「それでいいんだよ。そういう性質なんだから、それでいいんだよ。」

と認めてくれたような本でした。

なんだか自分のこれまでの人生を肯定してもらえたような。。うれしい気持ちになりました。。

これでよかったんだ~。。っていう感覚。。

 

いくつも職業が同時にあってもいいし、興味も移り変わったっていい。

一つの場所にとどまる必要はなく、色んなことをしてもいい。

それは順番にしてもいいし、同時にしてもいいんだよ。と。

 

 

 

 

「好きなスタイルで仕事する」と満足度が高いのかなーと思う。

何が君の幸せ
何をして喜ぶ
分からないまま終わる
そんなのはイヤだ

 

このアンパンマンの歌、めっちゃ刺さります。。^^;

私は会社をやめて、今は自営で生きてますけれど、、なんか結局生計を立てられてるかというと、時期による、、って感じで、ダンナの収入に依存してる時期も多いです。本当は、自分の力でずっとしっかり自立したいんですが。。

 

そのためには、稼げそうなもの、ではなく、やっぱり自分の好きなことをやった方がいいのかな・・と思いまして。。そういうこと、よく考えます。。

雑貨好きだから、仕入れてネットで売ったりしてみたけど、、そんなに収入にならなくて、「でも私これ好きだから続ける!」ってならなくて、どうもそこまで好きじゃなかったみたい。で、撤退。

そしたら、私は結局「稼げることが好き」なんかな?とか、よく分からなくなってきて。。

次はリサイクルの店やったんですが、それは別にそんなに好きでも興味があったわけでもないけど、一応しっかりごはん食べられるぐらい収入があったから、その部分は満たされてたから、まあ、、って感じだったし。でも結局2年で撤退。

 

そっからは迷走しつづけて今に至る、という感じです。

 

「好きを仕事にする」とか流行ってますけど、、「そもそも私が好きなことって何だ?」って。

「ねえ、好きってなんだっけ・・」って林檎ちゃんも歌ってますけど。

 

で、考えたり、試したり、試行錯誤。

いろいろやっていく中で、気付いたのは・・

「その「スタイル」や「作業」が好きなら満足度が高いのでは?」ということ。

だから「この作業は好き」とか「このスタイルは好き」っていうのを追求していくのがいいのかな、と思います。

 

たとえば、サイト作成&広告収入だと、私は「スタイル」でいうと「マイペースでできるから好き」なんです。

納期とかにしばられずに自分のペースでできるし、PC1台あればどこででもできるし。

あと「作業」でいうと、「一人でできるから好き」なんです。

文章かくのも好きだし、サイトのカスタマイズも好きだし。1人でモクモクは割と好きだし。みんなでチームで働くより。

そうすると、満足度が高いような気がします。

 

好きなものってホントはあるはずだけど、見えなくなってるだけなんですよね~。。

夜空に星はあるけれど、雲で見えなくなってるだけ、、みたいな。。

(これ誰が言ってたんだっけ、マヤだっけ、、詩織さんだっけ)

 

その雲を払う作業が、私の場合は、本を読んだり、文章を書いたりして、自分を発見していくってことなのかな~と思います。

あ、それから実際に行動してみるっていうのが一番早いし、分かりやすい。撤退も1つの結果だから。やらずに考えてるよりは、いいよね。

人によっては他の人と話すことで発見したりするかもしれませんね。

私は「内省」が強いので、一人で考えるのがすごく好きで、自分で発見して行動して、納得していくタイプみたいです。

 

 

自分の好きを見つける方法として、このストレングスファインダ―のテストは、やってみてよかったな、と思いました。

あとだーっと文章かくのも、たまに知らない自分に出会えるので楽しいです。

 

 

 

理想のスペースを作りたい気持ちはある。

スペース事業の本を読んで、面白いと思ったし、前から興味のあった分野ではあったけど、果たして自分が、じゃあ、やるかな?と思うと、んーって感じ。。

自分は利用者でいたいのかなあ。。理想のスペースを作ってみたい気持ちはある。システムとかインテリアとか考えて作ってみたい。けど、経営したいとはあんまり思わなくて、、。自分が使いたいときに使えればいいなと思う。

ま、そのために作るのは一つだけど、それをやるには余裕がないとなあ、、と。利益を追求するような感じではなく。だとすると、今じゃないのかな。。とか。

ちょうどいい場所って結構ないんだよね。。だから作りたい気持ちはすごくある。。

 

貯めずに、流す感覚。体験談をシェア。

自分は成功哲学とかお金持ち本オタクで、そういうのを読んでいるとたいてい

「人に教えたり、気前よくシェアするっていうのが大事」

っていうのがあって、それは何となく自分の中でも大事だと思う。

 

自分だけで貯めとかずに、流す感覚。

情報とか。

 

 

昔読んだ本で・・

子どもがお父さんに宿題の分からないところを聞いてて、そしたら答えが解けて分かった。

そしたらお父さんが「クラスの友達10人にこの解き方を教えてあげなさい。」って言うんだよね。

 

子供は最初は「えー。自分だけ知ってれば、自分だけテストでいい点取れるのに。」って言うの。(はは。分かるぞ。僕。)

 

でも、お父さんは「そうやって独り占めするんじゃなくて、みんなに教えてあげるんだよ」っていう。

 

なんかこの話が印象に残ってるんだな。ずっと。

ふとした時に思い出す。

 

私はあの「ひとりじめしたい僕」になってないかな?って

 

で、まあ、そういう教えはあるとしても・・

普通に何でもシェアした方が楽しいし、これいいよねーー!って話せるのは楽しいし。

 

お金の情報だったら、ひとりじめするよりみんなでトクした方がいいし。

ビジネスのアイデアの種とかはちょっと別かもしれないけど・・投資のやり方だったら、市場が大きくて別に教えても取り合うことはないから。

 

ていうか、こういう得だとか損だとかいうことを考えずにギブしなきゃだめなんだろうな^^;はは。欲がー。

 

 

で、私もそれを実践しようと日々思うんだけど。

あんまりリアルで話すところがないし、そういうセミナーとか講演とかサロンとかやるタイプでもないし、、

(ん?なんかそんなん言うってことは・・ホントはやりたいってこと?意識してるってこと?んーワカラン)

 

そもそも別にまだ成功してないし。自分も道の途中であるってこと。成功者ではなくて、一プレイヤー。

 

でも色々試すのは好きだから、経験値は色々ある。これは割と自負できる。

 

あとお金の話ってセンシティブだから、やっぱりネットでひっそりっていうのがいいのかなと。。

 

ということは、やっぱりブログが合うんじゃないかなーとなりますな。一周回って。

 

SNSでもブログでも顔出し本名出しが普通のこの時代であっても、別にあえて顔出さずに匿名で情報だけアップすることはできる。

 

SNSよりブログの方がたくさんの情報量を書くことができる。

 

うん。。やっぱこれだね。。

 

「ブログで、私が得たお金のいい情報や、実際やってみてうまくいった経験、失敗したことを、シェアする。」

 

そうそう。。そうなのよ。。なんかこの自分がやりたいことって、この数年ずっと言ってる気がする。。

 

ライフワークになりうるかも?

 

あ、で、特に「実際やってみた経験談」のとこ。

これが大事だ。

今文字見てて気付いた。

 

「情報」そのものより、

「私」が「それを実際やってみたこと」

「そして感じたこと」

 

の方が価値が高い。と思う

 

このコアは何となく分かってるんだよなー。

 

あとはスタイルっつーか、やり方っつーか。。どうやってっつーか。。

ジャンル分けとかカテゴリーとかタグとか?ま、そんなんあとで適当にやればいいか。。

 

日記スタイルかレビュースタイルか・・なんか定まらないのよね~

 

ま、、とりあえず毎日書いていこうか。。両方やればいいや。

それでいっか~。

 

 

 

 

 

めんどくさい職場の人が憂鬱。どうやって乗り切ればいいか考えてみた。

職場に、とにかくめんどくさい人がいます。
小学生女子みたいな人です。

どうしたらいいんですかねええ。はあ。ゆーうつ。

 

他の人にはにこやかに接するのに、私にはほとんど無視とか、すごくきつい言い方をします。。

特にその本性を他の人には見せないところが巧妙で、自分にとってはとてもストレスです。

 

私もできればほっときたい、関わりたくないのですが、2人でやらないといけない業務もあるので、どうしても話しかけなくてはいけないのです。

だいぶ我慢して、大人になって折れて、対応してるつもりです。仕事ですから。

 

でもだいぶストレスたまってしまって・・。食べてちょっと太ってきたので、なんだかいやです。。

休みの日とかにちらっと思い出すと「あーやだなあ。」と思っちゃうんです。。

 

仕事なので「これを提出してきます。」とか一応報告するんですが、ほとんど無視。。あー、もう、めんどくさい。。

 

普通の人だったら「はい。お願いします。」と言うと思うんです。そういうの仕事するうえでの最低限のマナーだと思うんですが・・。

 

―――――――――――――――――――

 

こういう風に嫌なことがあったとき「感情日記」を書くといい、と聞いたことがあります。

ので、さっそく書いてみます。

 

 

まず「その人と接するとどんな気持ちになるか?」

・ いやーな気持ち。

・ 感じ悪いなあ・・。

・ 普通に仕事してくれたらいいのに、子供っぽいなあ。女子のいやーな感じ。。

・ もう、めんどくさい・・。やりにくいなあ。。

・ 仕事がスムーズに進まないなあ。時間かかる。。

・ あの人いない時に電話しよう。また何か言われるし。。

・ 最初はにこにこしてたのに、すごい変わりよう・・。私何かしたっけ?

・ お昼ご飯食べながら、一言も話さずに、ずうーっとスマホ見てる。。

すごく私を拒絶した態度だなあ。。

うむ。。

書いたのを見ると、どうやら、私は「自分が拒絶されてる」、「感じ悪く対応される」と、いやな気持ちになるみたい。

「自分を傷つけられた気になるのかな。」だから嫌な気持ちになるのか。

 

でも、、いくら相手がひどい態度を取っても、自分に傷はついていないんじゃないかな。自分さえしっかりしておけば。。

 

それに、私は

「自分を拒絶せずに、受け入れてくれる」、「感じよく対応してくれる」人が理想の先輩なんだろうなあ。

 

でも「理想」と「現実」は違う。

今目の前で起こっていることが「現実」なんだ。

 

「理想の職場と違う」と怒ってみても、「その現実の中で毎日を送るのには変わらない。」

 

 

じゃあ、元々「理想」なんてなかったらいいのかな?

「こうであってほしい」「社会人としてこうあるべき」という理想なんて、他の人に対しては持たない方がいいのかな?

 

そうかもしれない。

 

 

私は「仕事は気持ちよくやりたい」と思っていて、たぶん理想の職場みたいなのがあるのかもしれない。みんながチームワークよく、テキパキ、さばさば仕事する感じ。

 

自分はそうありたいと思うし、それをめざすのはいいと思う。でも他の人にまでそれを望むのはムリだよな。

 

 

ややこしい人は必ずいる。
どこにでもいる。

そんな人にふりまわされて、自分の貴重な時間を浸食されるのはいやだ。

 

 

 

じゃあどうしたらいいか?

「気にしない。」

「そのことについて考える時間を減らす。」

につきる。

 

 

でもどうやったら気にしないようにできるんだろう。。

 

自分が思うには・・

・ 仕事に集中する。日々の業務をしっかりミスなくていねいにやる。

・ 社保、税金、給与のこと、いくらでも勉強できる環境にある。資料もたくさんある。そういうことを1年で身に付けるつもりで、勉強に時間を割く。

・ いやな言い方、態度、無視されても「はいはい。また出た。」と思って、気にしない。

・ 自分がキズつけられたわけではない。自分は何も変わらない。

・ 同じように感じ悪い態度で返すのは、同じレベルになるからそれはやらない。自分は普通にやっておく。

・ 全然違うこと考える。「今日の夜ごはん何食べようかなあ。」

・ 他のことで忙しくする。(ブログ今日は更新しよう~。帰りにお茶しながら好きなマンガ読もう~。)

 

 

こんなとこかなあ。。

別の人と話したり、仕事の話したりして、できるだけその人のことが嫌だなあと思ってる時間を減らすのだ。

 

違うことで押し出していくのがいいんだろうと思う。

 

 

嫌だなあ、感じ悪いなあ、と思ったら、即座に何かに置き換える。

できるだけ、笑っちゃうようなこととか。

ダウンタウンのコントとか思い出すか。

 

 

 

 

 

 

合わない人にも「とりあえず明るく挨拶しとけば勝ち☆」

新しい職場に行って1か月半。
だんだんと色んなことが見えてきました^^

合いそーな人、合わなさそーな人。。

人間関係のもやっと感は、
どこにでもありますよね~。

「あれ?私この人に何かしたっけ?まずいこと言ったかな??(´ヘ`;) 」
というようなこともあって。。

最初はすごい気になってたんだけど
もーよく分かんないので、、^^;とりあえず仕事に集中することにした。

向こうがどんな態度であれ、こっちは変わらず、淡々とでいいや。

別に合わせて態度悪くすることもないし、、(← これは自分的にあんまり好きじゃない)
かといって・・気にしすぎてして大げさに機嫌取ることもしなくてもいいかな、とも思う。

普通に仕事場で人に接する態度でいくのがいいかな。

「明るく挨拶しとけば、あなたの勝ち」っていうフレーズがあって
それだ☆って思いました。

悩んでる時間がモッタイナイ。
私の貴重な時間は、もっと楽しいことに使うのだ~♪

なぜ?と自分に聞いて本質を見極める

Why?(なぜ?)

Because、、(なぜなら・・)

を意識する。

 

なぜ意識するかというと、本質を見極めるため。

 

なぜ、本質を見極めた方がいいのかというと、、

 

うーん。世間に惑わされないため?

ブレないとラクになって、心穏やかに楽しく過ごせるからかな?

 

 

なぜ世間に惑わされない方がいいかというと・・

本当に自分の心に従って生きることが人生だと思うから。

 

 

 

この「なぜ?」って自問自答するのは、感情日記を書くときも重宝する。

感情日記とは、読んで字のごとく感情について自分の気持ちを書く記録のこと。

 

特にネガティブなとき。

 

何でこんなにイライラするんだろ?

何でこんなにイヤな気持ちになるんだろう?

 

って自分に聞いて、その答えを書いていると、ちょっとだけイライラがマシになったりする。

自分の考えが整理されて、答えが出たりする。

 

 

 

 

 

 

 

飽きっぽいけど、色々試せるということ。

浅く広く興味があり、飽きっぽい。。

 

ポジティブに言い換えると・・

色んなことに好奇心があって、実際の行動力もある。フットワークが軽い。

 

ということは・・

1、他を試せるチャンスがまたできる、ということ。

2. 経験を教えてあげられること。

 

私の成功談は話せないけど、(途中でやめるから^^;)

「この人が成功してるみたいよ」っていうのは教えられる。

本とか、人とか、ブログとか、やり方とか。

 

「がんばって」の代わりになる言葉を、私も考えてみた。

かん吉さんの「わかったブログ」を読んでいたら、「「がんばって」の代わりに使える7つの励ましの言葉」という記事がありました。

タイトルに興味を惹かれたので、記事を読まずに、まず自分で考えてみました。


◆「がんばって」を使いたくない

「がんばってね。」「がんばれ。」

うん。つい他に思いつかなくて使ってしまうこともあります。

いい言葉だと思うけど、時には少し人を追いつめてしまう言葉になってしまうのかな。

うつの人や、病気の人に「がんばって」は、よくないっていうよね。。
「がんばっているのに、これ以上がんばれないよ・・」と思わせてしまうらしいし。。

でも「何か声をかけたいなあ」というとき・・
「がんばれ」の代わりの言葉・・何がいいのかな。

だんなからメールで「遅くなりそう」って来たときに「がんばって」は使いたくない。もう充分がんばってるだろうし。「無理せずー」とか「コクじか(ビール)と待ってるー」とかって返すんだけど・・。

他の人に対しても「がんばって」の代わりの言葉を考えてみよう。


◆「がんばって」の代わりの言葉

「ファイト~。」とか?
うーん、「がんばって」と同じか。

「応援してるよ~。」とか?
うん、これはいいかもね。

友達が何か悩んでたり、相談された後だったら
「またいつでもお茶しよ。いつでも誘って~。」とかいいのかなーと思う。。

「聞くしかできないけど、いつでも聞くよ。」って、相手に伝えるのはいいように思う。

 

◆大きなイベントなどに

試験とか大きなイベントとかだと「大丈夫だよ~。」とか「リラックス~」とか、緊張してそうなときは「楽しんじゃお~」とか、かな。

「OKOK!いけるいける!」(→マジメな人にはちょっと無責任に聞こえるかもしれないので、使い方はちょっと選ぶかもしれないけど、「大丈夫だよ~オーライ」みたいなニュアンス。)

 

◆笑ってリラックス

あと、時々使うのは、「自分を信じて!」^^(→これ、松ちゃんがコントで言ってたフレーズなんだけど、ちょっと笑いになる感じになる。)

「失敗したらネタにしちゃえ!」→これもいいかも。 ブロガーさんとか、漫画家さんとか、あと関西人にはいけるかも。

「骨は拾ってやる。」→「どーんと思い切って行け!」って言いたいときに。

私が考え付くのはこれくらい・・。なんか「やさしく励ます」っていうより、「はっぱかける!」みたいになっちゃったかな?


◆わかったブログより

ここで冒頭のかん吉さんの記事、「「がんばって」の代わりに使える7つの励ましの言葉」を読んでみました。なるほど~。

「うまくいくように祈ってるよ♪」、っていいですね。グッドラック!って感じかあ。

「無理しないでね」もいいですね。ついつい努力家で頑張ってしまう人って、無理してしまうから・・。

心の底からの「頑張って」という思いがあれば、どんな言葉でも思いは伝わると思いますし、「頑張って」という言葉の本来の使われ方なのかもしれません。
by「今日のわかった」より

に同感です~^^

言葉には力があると思います。本当にちょっとしたことで、喜んでもらえたり、逆に傷つけてしまったり・・。取扱いを注意して使っていきたいものです。

でも、本当に相手と信頼関係があって、相手のことを思っていれば、言葉を少々間違えても気持ちは伝わるような気がします。