マンガ断捨離はネットオフをよく使う

マンガとかお金持ちになろう系本が好きで本棚が3ついっぱい。1000冊は余裕であると思う。。

(そういや実家に大きなマンガ棚あったなあ。小さい頃と変わってないわ。。変わらないんだな、きっと。)

で、どんどん増えてしまうので、断捨離もたまにする。

 

1冊ずつAmazonのマケプレとかで売った方が高く売れるんだろなあ、、とは思いつつ、めんどーなので、もっぱらネットオフを利用。

まとめ売りできるからね。家まで集荷に来てくれるし、送料無料だし、とても便利で重宝しております。

 

買取価格は、感覚的に、ザックリ段ボール1箱1500円前後ぐらいかなあ。。

ネットなので「億万長者になる本!」みたいな、ちょっと恥ずかしい本もバンバン出せるのがいいところ。。^ ^

今回はどれくらいになるかしら。

 

 

 

Amazonマーケットプレイスで本を売りました。(レポ)

今回、本を売るのにAmazonマーケットプレイスを利用しましたので、レポします。

大口だと月4,900円の月会費がかかるようですが、私は小口(月会費無料)の方を選んでいます。


 

◆Amazonマーケットプレイス。出品から入金まで

 

1.ログインします。

>>こちら、Amazonセラーセントラル画面からログインします。

 

※アカウント、パスワードは購入用のアカウントと同じものでログインできました。

 

※ この「出品用アカウント管理画面」は、「Amazonアソシエイト画面」とも違いますし、普通に「Amazonの商品を購入するショップ画面」とも、また違います。

 

Amazonマーケットプレイスの管理画面の行き方は、こちら
>Amazonホーム画面
>右上「アカウントサービス」
>右真ん中「各種アカウントサービス」
>「マーケットプレイス出品」を選択

 

―――――――――――――――――――

 

2.出品します。

 

出品したい本のページの右下、「マーケットプレイスに出品する」をクリックします。

 

・ 売りたい価格やコンディションなどを選択します。

(私は「ほぼ新品」「非常に良い」「良い」など、コンディションをどれにするか迷いましたが・・若干ドキドキしながらも、特に問題なかったので「非常に良い」にしました。)

 

・ 中古ページを一応チェック

中古のところに競争相手がいない商品は売れやすいですね。送料250円を足しても、新品で買うより安くなるように設定しました。

逆に中古のところにたくさん出品されていると、売れにくいかもしれません。特に価格が安くなって、1円がずらーっと並んでいる場合などはキビシイかも。

 

―――――――――――――――――――

3.売れるのを待ちます。

 

Amazonから「売れたよ。商品送ってね。」メールが来ました。1日で売れるなんてラッキーでした。

そういえば前に新刊を出したときも、30分くらいで売れたのでびっくりしました。でもずっと売れない場合もありますね。。

―――――――――――――――――――

4.商品を送ります。

 

管理画面で「納品書を印刷する」ボタンを押して、「納品書」と送り先の「住所」の宛先を印刷します。

厚さが2cm以内ならクロネコヤマトのメール便を使います。普通と速達があります。

 

2cmを超える場合は郵便局のゆうメールを使っています。

ゆうメールは中身が一部見えるように梱包します。プチプチで包んで、外の封筒の角を少し切って見えるようにしています。今回は、郵便局の窓口で中身を見せてから、封をしました。

―――――――――――――――――――

5.「出荷通知」をクリックします。

 

発送したら、また管理画面で「出荷通知を送信」ボタンをクリックします。

するとペイメントに「◯◯円振込みますよ」という表示が出ます。(これがうれしい)

同時に相手先にも「出荷しましたメール」が届くようです。

―――――――――――――――――――

6.入金されます。

 

後は自分の銀行にAmazonが代金を振り込んでくれるのを待つばかり。入金までは、数日かかります。

振込手数料はAmazonが負担してくれます。

購入者からの集金をAmazonが代行してくれるのがいいな~と思います。

 

管理画面がだいぶ変わっていて、少しとまどいましたが、基本的には前と同じ感じでした。

まだ引き続き出品中で、売れていない本もあります。売れなかったら、まとめて店頭のブックオフに持っていこうかな~と思っています。

以上Aamzonマケプレ、レポでした^^

 


追記12.11.19

出品していた7冊全部売れました。特にコミックエッセイは売れやすいなあ、と感じました。