天皇一覧

初代 神武天皇 BC660

1〜8代 欠史八代

 

10代 崇神天皇(すじんてんのう)

初の実在天皇?

大物主神オオモノヌシノカミ。三輪山。アマテラスまほろば編。

モモソ姫=卑弥呼?

箸墓古墳

 

11代 垂仁天皇(すいにんてんのう)

 

12代 景行天皇(けいこうてんのう)

日本部尊(ヤマトタケルノミコト)

クマソ

「火の鳥」3巻ヤマト編

 

14代 仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)

神功皇后=卑弥呼?

 

16代 仁徳天皇(にんとくてんのう)

民を思いやり租税を3年免じた。聖帝。

 

21代 雄略天皇(ゆうりゃくてんのう)

大悪天皇

ワカタケル大王(おおきみ)

 

25代 武烈天皇(ぶれつてんのう)

暴君。架空?

 

26代 継体天皇(けいたいてんのう)507年

オホド大王。越前。

 

29代 欽明天皇(きんめいてんのう)539年

30代 敏達天皇(びだつてんのう)

 

31代 用明天皇(ようめいてんのう)

橘豊日大兄

 

32代 崇峻天皇(すしゅんてんのう)

泊瀬部皇子(はつせべのみこ)

 

33代 推古天皇(すいこてんのう)592年
初の女帝

摂政 聖徳太子(厩戸王子)
「日出処の天子」

遣隋使 小野妹子

古事記はここまで。

 

34代 舒明天皇(じょめいてんのう)

35代 皇極天皇(こうぎょくてんのう)

36代 孝徳天皇(こうとくてんのう)

37代 斉明天皇(さいめいてんのう)

38代 天智天皇(てんじてんのう)中大兄皇子

39代 弘文天皇(こうぶんてんのう)大友皇子

 

40代 天武天皇(てんむてんのう)大海人皇子

ここから「天皇」という言葉を使い始める。

 

41代 持統天皇(じとうてんのう)讃良皇女

この頃の日本の人口500万人(文庫9巻)

 

42代 文武天皇(もんむてんのう)珂瑠皇子

「日本書紀」はここまで。

 

43代 元明天皇(げんめいてんのう)阿閇皇女

「あをによし」

44代 元正天皇(げんしょうてんのう)氷高皇女

45代 聖武天皇(しょうむてんのう)首皇子(おびとのみこ)

 

 

 

 

 

 

大奥2巻メモ

大奥2巻メモ

第一代将軍 徳川家康
第二代将軍 徳川秀忠 正室 お江与の方
第三代将軍 徳川家光

春日局(かすがのつぼね)
息子 稲葉正勝(いなばまさかつ)

村瀬正資

万里小路有功(までのこうじありこと)
千恵姫

玉栄

澤村伝衛門

近習(きんじゅう)・・主君の側近にあって奉仕する役

 

 

 

大奥1巻メモ

大奥1巻

●登場人物

旗本 水野
薬種問屋 田嶋屋 お信
御家人 杉下

御中臈 松島
総取締御年寄 藤波

御三の間→御中臈 水野
御三の間→御広座式→御中臈 杉下

表使い 鶴岡

 

徳川将軍

6代 徳川家宣
7代 徳川家継
8代 徳川吉宗

 

 

側用人(そばようにん)→御用取次(ごようとりつぎ)

間部(まなべ)→加納久道

 

呉服の間 垣添、赤坂、

公儀お庭番(諜報、忍者)三郎左

 

御中臈 柏木

大岡裁き 越前

御右筆頭(ごゆうひつがしら)村瀬 97才

 

 

●将軍直属の家臣団

・旗本 一万石未満

・大名 一万石以上

・御家人

 

旗本は将軍に御目見(おめみえ=直接の謁見)が出来る。

御家人はできない。

 

●大奥

《お目見え以上》専用部屋と使用人。

旦那様と呼ばれる。

 

上﨟御年寄(じょうろうおとしより)

御年寄(おとしより)

御客応答(おきゃくあしらい)

中年寄(なかどしより)

 

御中臈(おちゅうろう)

将軍と御台所(みだいどころ)の世話係。将軍のお手つき(側室)が出る。

 

表使い(おもてづかい)

御小姓(おこしょう)

御錠口(おじょうぐち)

 

《お目見え以下》

御広座式(おひろざしき)

御三の間(おさんのま)旗本以上

呉服の間

御半下(おはした)

 

 

●徳川御三家

・紀州・吉宗

・尾張・尾州・継友

・水戸

 

 

吉宗 1716(正徳・しょうとく6年)-1745

 

月代(さかやき)

 

縹色(はなだいろ)

緋色(あけいろ)

 

 

●お香

組香(くみこう)三種香

(ギャラリーフェイクにも出てきたような?)

・緑樹の林(りょくじゅのはやし)I I I

・尾花の露(おばなのつゆ)

・隣家の梅(りんかのうめ)

・孤峯の雪(こほうのゆき)

 

 

 

 

 

室町時代 将軍

室町時代 将軍

初代 足利尊氏(たかうじ)150年続いた鎌倉幕府を滅ぼした

第三代 足利義満(よしみつ)

第十三代 足利義輝(よしてる)

1565永禄の変(えいろくのへん)

(「雪花の虎」「信長を殺した男 1巻」にも出てくる。「麒麟が来る」では向井理。)

三好三人衆と松永久秀がクーデターを起こし足利義輝を死に追い込む。

第十五代 足利義昭(よしあき)

義輝の弟。一条院覚慶(いちじょういんかくけい)

 

織田信長

織田信長(1534-1582)

尾張、美濃

織田上総介(かずさのすけ)信長

令制国と都道府県の対比マップ

※出典:世界の歴史まっぷ

 

1560 桶狭間の戦い

海道一の弓取り、今川義元4万5千の兵に2千で勝った

1567 美濃 斎藤氏滅ぼす

岐阜と名付ける。

天下統一した周の文王の出身地、岐山(きざん)と、孔子の生誕地、曲阜(きょくふ)より

1570 姉川の戦い

近江 浅井長政(妹お市の夫)、越前 朝倉義景を破る

1571 比叡山延暦寺焼き打ち

1575 長篠の戦い 武田軍に、鉄砲で勝つ

1576 安土城築く

 

中国古代史

前2070 夏

前1600 殷

前1050 周

前770 春秋時代・・呉、越、斉(せい)、晋(しん)、楚

(孫子)

前403 戦国時代・・斉、楚、韓、魏、趙、燕、秦

前221 秦(始皇帝)

前206 前漢

25 後漢

220 三国時代・・魏・呉・蜀

徳川家

徳川家

初代 徳川家康(いえやす)
二代 徳川秀忠(ひでただ)
三代 徳川家光(いえみつ)
四代 徳川家綱(いえつな)
五代 徳川綱吉(つなよし)
六代 徳川家宣(いえのぶ)
七代 徳川家継(いえつぐ)
八代 徳川吉宗(よしむね)
九代 徳川家重(いえしげ)
十代 徳川家治(いえはる)
十一代 徳川家斉(いえなり)
十二代 徳川家慶(いえよし)
十三代 徳川家定(いえさだ)
十四代 徳川家茂(いえしげ)
十五代 徳川慶喜(よしのぶ)