子宮筋腫手術記(3)手術を決心。。大きな病院でのセカンドオピニオン。

・セカンドオピニオンを聞きに

2020年11月

大きな病院に行ってきました。結果は予想通り、やはり手術した方がいいとのことでした。

 

・おへその上まである大きいサイズであること

・ホルモンはまだ出ているので閉経までは7~8年はかかり、その間大きくなり続けること(筋腫がある人は閉経が遅いらしい。)

・貧血によって心臓への負担がかかること

・他の臓器への負担も考えられること

・・などを説明してもらいました。。

 

「やっぱりそうだよね。。」という気持ちになりました。。

 

それで、手術日をいつにするか聞かれたのですが、まだ決心がつかなくて、その場では決められず・・💧

 

2週間後の次の診察までに手術するかどうかを考えて、手術日を決めることになりました。。

 

その時点で、もうだいぶ観念して「はあ~そっか~。。しゃーないか~。。もう手術するか~~。。」という感じでした。

 

 

それから2週間の間、毎日考えました。

47才を迎えて、今後の自分の人生を考えて・・これからも元気に楽しく過ごしていきたい。。そのためには。。と。。

そして、毎日自分に問いかけると、毎日「そうだね。やっぱり手術した方がいいね。よし、手術しよう」と自然に思えました。

 

そして2週間後、ついに手術をすることを決心して返事をしました。

最初の診察から9ヵ月が経っていました。

 

 

・手術日を決めた

2020年12月

診察で、先生に手術することを伝えました。

そして2ヶ月後の、2月中旬に手術日が決まりました。

 

開腹手術で、子宮は全部摘出。卵管も摘出、卵巣は残す、ということになりました。

 

「わー。。ついに決まってしまった~。。」という感じでした。。

不安もあるけれど、もうしゃーない、腹をくくった。。という感じでもありました。。

 

 

2020年12月

手術に向かって進み始めました。

採血の結果、ヘモグロビンの数値が12から7に戻ってしまったので、鉄剤を再度飲み始めました。

 

そして手術前検査で、心電図、X線検査を受けました。

淡々とサクサクと手術に向けて進んでいきます。

 

ちなみに筋腫を小さくする薬は飲んでいません。

レルミナを飲むという情報を何度か見ましたが、私は全く飲みませんでした。

 

あと手術前に自分の血を貯めることもしませんでした。

病院によって方針が色々違うんですね。。

 

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村