子宮筋腫手術記④大きな病院でセカンドオピニオン。ついに手術を決心!

・ついに手術を決心!

 

2020年11月

大きな病院に行ってきました。

結果は予想通り、やはり手術した方がいいとのことでした。

 

・おへその上まである大きいサイズであること、

 

・ホルモンはまだ出ているので閉経までは7~8年はかかり、その間大きくなり続けること

(筋腫がある人は閉経が遅いらしい。)

 

・貧血によって心臓への負担がかかること

 

・他の臓器への負担も考えられること

 

などを説明してもらいました。。

 

「やっぱりそうだよね。。」という気持ちになりました。

 

それで、手術日を聞かれたのですが、その場では決められず・・💧

 

次の診察までに手術するかどうかを考えて、手術日を決めることになりました。。

 

その時点で、もうだいぶ観念して「はあ~そっか~。。しゃーないか~。。もう手術するか~~。。」という感じでした。

 

 

それから2週間の間、毎日考えました。

47才を迎えて・・今後の自分の人生を考えて・・これからも元気に楽しく過ごしていきたい。。

そのためには。。と。。

 

そして、毎日自分に問いかけると、毎日「そうだね。やっぱり手術した方がいいね。よし、手術しよう」と自然に思えました。

2週間後、ついに手術をすることを決心しました。

 

最初の診察から9ヵ月が経っていました。

 

 

・手術日を決めた

2020年12月

診察で、先生に手術することを伝えました。

そして2ヶ月後の、2月中旬に手術日が決まりました。

 

開腹手術で、子宮は全部摘出。

卵管も摘出、卵巣は残す、ということになりました。

 

「わー。。ついに決まってしまった~。。」という感じでした。。

不安もあるけれど、もうしゃーない、腹をくくった。。という感じでもありました。。