子宮筋腫手術記(2)手術はまだ決心付かず。。断食も効果出ず。

・貧血は改善

2020年6月。

前回の診察から3ヶ月。毎日ちゃんと鉄剤を飲んでいたため貧血の数値が良くなっていました。

Hb(ヘモグロビン)が7から12へ。鉄が15から160へ。

先生にもすごい効き目!と驚かれました。

 

鉄剤は最初ちょっとムカムカしたけど、まあ、慣れてきました。寝る前に飲んで、サッと寝てしまう、という感じでしのぎました。

 

貧血は元々あんまり自覚症状がなかったので、良くなったと言われてもあまり自分では変化が分かりませんでした。

まあ数値的に良くなったならよかったかな、、という感じ。。

 

・経過観察へ持ち込む・・

子宮筋腫の方ですが、生理を止める注射とか薬も説明されたんですが、それはやりたくないなあ。。という感じ。。

手術もできればしたくない。。

 

それで「手術や生理を止める注射には正直抵抗があって・・今の漢方のまましばらくいきたいんですが・・」と伝えてみました。

そうしたらエコーで様子を見ながら経過観察しましょうか、ということになりました。

ちょっと一安心。。ほ。。

 

 

・断食も効果なし・・

2020年9月。

最初の診察から半年。

手術をすすめられているものの、まだ手術をする気持ちには全然なれませんでした。。

全身麻酔が怖かったし、なんだか手術というと大層で大げさな気がして、あまり考えたくない。。という感じでした。

この頃は、東洋医学で体の中から何とかできないか・・とネットや本で情報を必死に集めていました。

 

その中でわらにもすがる思いでやっていたのが「月曜断食」や「血流マッサージ」です。どちらも「子宮筋腫が小さくなった」という体験記があったのです。

 

結果「月曜断食」では4Kg ぐらいダイエットはできたものの、残念ながら子宮筋腫は小さくなりませんでした。

むしろ、お腹がスッキリした分、筋腫が前より触れるようになり、存在感が増した気がしました。。

 

血流マッサージもがんばって毎日していましたが、筋腫が小さくなるというのは感じられませんでした。

 

食事も野菜中心にしたり、カフェインは控えめにしたり・・色々努力してみましたが、一向に筋腫は小さくなる気配はありませんでした。

 

 

・再度手術を勧められる

2020年11月診察。残念ながら筋腫は大きいまま。。

やはりとても大きいことから、再度手術を勧められました。

 

まだホルモンがよく出ているので閉経は遠く、これからまだ筋腫が大きくなること、貧血で心臓に負担がかかり続けること。。などを説明されました。

 

「あまり先延ばしにしないように。今年か来年かにした方がいいですよ。紹介状を書くので大きい病院に行ってください」

と、ついにしっかり言われてしまいました。。

 

「はあ。。やっぱり手術か~。。」と、重い足取りで帰宅。。

 

その夜、何気なくお腹をさわると、、ん??前より大きくなってる?と感じました。

月曜断食でおなかがちょっとだけへこみスッキリしていたので、筋腫がより浮かびあがってきていたのです。

 

おへその上の方までゴロッとしたものが触れました。

「え、こんなに上まであったっけ・・?前はおへその下だったような。。ホントに大きくなってきてる。。」と不安になりました。。

 

それで、セカンドオピニオンを聞くつもりで、大きな病院に行くことにを決心しました。

 

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村

 

 

子宮筋腫手術記(3)ついに手術を決心。。