子宮筋腫手術記①9㎝の子宮筋腫が見つかった。。手術したくない~。。

・初めての婦人科へ

2020年3月

生理ではない日に出血がありました。

これまで生理もまあまあ順調な方で、こういうことは初めてだったので不安になり、婦人科へ行きました。

 

(私は40代ですが出産経験もなく、実は婦人科に行くのがこの時初めてでした。子宮頸がん検診も抵抗があり避けてきたんです。。でもずっと「検診受けないとなあ。。」と思ってたので、これを機に今回ようやく行けてよかったです。。)

 

婦人科が初めだったので、女医さんのいる病院をネットで探しました。

 

・9㎝の子宮筋腫

エコーとMRI検査を受けて、子宮筋腫が見つかりました。

9㎝を筆頭に8㎝、5㎝といくつも筋腫がある「多発性子宮筋腫」でした。かなり大きいので、手術を受けた方がいいと言われました。

 

この時は正直「え~手術??したくないな~。46才だし閉経までこのまま何とかごまかせないかな~。。」と思ってました。。

 

その頃の自覚症状としては「最近生理の量が多くなってきたかなあ。。」「生理痛でお腹も腰も前より少し痛いかなあ。。」という程度。。

少し困る症状としてはトイレが近い、頻尿ぐらいでした。

 

だから手術する意義が見いだせなかったんです。。

日常生活や生理でもそんなに困ってないのに、わざわざ手術・・??。。という気持ちでした。。

 

「50才で閉経なら、あと2~3年じゃない?もうちょっとでは?」と思ってました。

でもこのあとで知ったけれど、筋腫のある人はなかなか閉経しないらしいです。。55才としてあと8年・・。

 

ただお腹のしこりには気付いてたので、何となく「これは子宮筋腫なのかな。。悪いものじゃなかったらいいけど。。」と思っていました。

だから診断されたとき「あ、やっぱり」という感じで、むしろ良性の子宮筋腫でよかったと思いました。。

 

 

・貧血がひどいらしい・・

採血するとヘモグロビンの値が低くて、貧血とも言われました。

「まずはこの貧血を治さないと手術もできない」とのことで、鉄剤を処方されました。

 

漢方(桂枝茯苓丸・けいしぶくりょうがん)も一緒に処方されました。

 

貧血ですが、これも自覚症状は特になかったんですよね~。。

 

「階段を上がると息が上がったりしませんか」と聞かれたけど、そんなに思い当たるふしもなく。。

「それは体が慣れてしまってるので、心臓に負担がかかって余計によくない」と言われました。。

 

 

続く