子宮筋腫手術記・後日談(1)うだうだ悩んだのも私には必要な時間だったのかも。。

子宮筋腫手術記・後日談(1)うだうだ悩んだのも私には必要な時間だったのかも。。

私はふだんの性格はわりと何でもパパっとっと決める方なんですが、今回の手術に関しては何ヶ月もうだうだ悩んでしまい、なかなか結論が出せずにいました。

自分でも「優柔不断だな~。。」と思っていました。。

でも今振り返ってみれば、その悩んでいた時間は手術を決心するために「必要な時間」だったのかな~・・とも思います。

 

人によっては、子宮筋腫と診断され「手術した方がいいですよ」と言われて「じゃあそうします。」とその場ですぐにパッと手術を決められる人もいると思います。

(症状がひどく、悩んでいる方ならそうかもしれませんね。)

 

でも私は決めるまでに9ヵ月の時間がかかりました。

「手術した方がいいよ」と言われてからも「手術か~。。いやだな~。。」とうだうだ引き伸ばしてました^^;

「漢方とか食事療法とか東洋医学で何とかならないかな・・」とジタバタしてました。

 

この頃は症状がそんなにひどくなかったのも一因かもしれません。

「日常生活に特に困ってないのに手術?」という感じでした。

 

でも、時間が経つにつれ、だんだんと生理の量が多くなってきたり、お腹をさわった感じで筋腫も大きくなってるかも?と不安に思ったこと。。

食事療法やマッサージも効果が出なかったこと。。

そして今後の体の健康をじっくり考えたこと。。などで「手術する方向」へと考えがゆっくり変わっていきました。

 

これにかかる時間が人によって色々だと思うんです。

だから、なかなか手術を決められないという方も、「その人の時間」というのがあると思うので、無理に早く決めなくてもいいと思うのです。

 

「自分で納得する。手術を決める。」

ここに行くまでに1日の人もいれば、何年もかかる人もいるかもしれません。

それぞれの時間があるんだと思います。

 

私も時間がかかりましたが、それは今振り返ってみると私自身が決心するまでに必要な時間だったんだろうな~。。と思います。

 

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村