子宮筋腫手術記(5)手術当日!あっという間に手術台へ。。

・手術当日・・!

2021/2/17

いよいよ手術当日。来ました。。手術はお昼の12時半スタート。朝からどこか心あらずな感じです。

 

何度もトイレに行ってました。手術前なのにバタバタ。

というか、そうして動いてた方が気が紛れるから、無意識でわざとやってたのかもしれません。。

 

手術着はワンピース型でした。パンツだけ履いて、靴下もなしです。

 

12時過ぎ。時間になり「少し早いですが行きましょうか~」と看護士さんが呼びに来て、いよいよ出発。歩いて手術室へ向かいます。

 

途中でダンナに会えました。顔が見えたとき、ちょっとホッとしました。

「歩いていくん。何か変な感じやなー」などと話しながら歩き、すぐにお別れでした。「じゃーねー」と手を握って、いざ!

(後日「あれほんまに一瞬やったよな。。俺、マラソンの給水で水渡した人みたいやったわ。。」と言ってて、2人で笑いました。)

 

ビニールキャップをかぶって、名前を確認されました。この時も「緊張してますか?」などと聞かれたけれど、「現実感がなくて、、夢の中にいるみたいです。。」と答えてました。

 

手術室はかーなり広くて、たくさんの人がいて、ザワザワしていました。音楽がかかっていて、ホイットニーヒューストンの「I will always love you」のインストで、ぼんやりと「あ~ボディガード~」とか思っていたような気がします。。

 

手術台へ上がると、とてもあったかくて気持ちよかったです。

 

そして背中への硬膜外麻酔。

これが痛いと聞いていたので、ちょっと覚悟していたのですが・・まあ、普通の注射ぐらいの痛さでした。イテテ、フー。。ぐらい。。

 

その後、左右の手に色々機械を付けられたり、点滴を打ったりされました。

(秘密のアジトで人造人間にされるみたい。。)などと妄想していました。

 

ここまではすごく落ち着いていた(というか、ボーっとしていた)のですが、

酸素マスクを付けられた時に、「え、苦しい!これで3時間もいくの?」と思ってしまい、心拍数がグッと上がりました。

ピッピッピッと急に早くなったので「はい、深呼吸して〜」と言われました。

 

そして右腕に麻酔が打たれて、冷たいような、重いような、痛いような、、と思ったところで、意識が飛びました。。

 

 

・手術後目が覚めて・・

手術後

「りんさーん!終わりましたよ」声をかけられて目が覚めました。体は全体的に重いような、、熱い感じ。。

 

とにかく眠い。。眠い。。目が開けにくいけど、看護師さんたちの声はよく聞こえました。

そして、ダンナの声が聞こえて、一瞬目を開けました。(あ、いる…)って感じ。。(心配性やから、待ってるのしんどかったやったやろうなあ。。)などとぼんやり思いながら、また目をつぶりました。

 

そのとき「どうですか!?気持ち悪くないですか~?」などと聞かれたのですが、もうろうとして「眠い・・」と答えてしまい、看護師さんたちの「ふふ・・」と笑い声が。。

「そうやね、眠いね。ごめんね~」みたいな声が聞こえました。。

なんかトンチンカンな受け答えしてもうた。。すみません^^;

 

・子宮筋腫は1.1kg

取った子宮は1.1Kgとかなり大きなサイズで、実際に間近で見たダンナが言うには、なかなか迫力があったようです。。

写真に撮ってくれたものを後で見ましたが、いや~・・確かにすごかったです。。^^;

こんなに大きなものが私のお腹の中にあったのね。。

 

・眠れない長い夜(手術当日)

そのあと、体がガタガタ震えだしました。これが結構長く、何度も何度も続いてしんどかったです…。力を抜いても、どうしてもガタガタ震えるんです。。温かい空気が入ったような布団をかけてくれました。

 

部屋に戻ってきてからも、頻繁に看護士さんが見にきてくれました。震えはしばらく続いてたけど、ようやく収まりました。

 

今度は逆に暑くなってきて。。体が重く、熱かったです。。手が重い。しんどい。。

のどがカスカスしてて、水は飲めないので、うがいさせてもらいました。←すごく助かった。。

 

体が熱くて、ほとんど眠れない夜を過ごしました。

でも寝返りを手伝ってくれたり、本当に何度も何度も様子を見に来てくれて助かりました。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村